スポーツ障害のうち剣道が原因のもの

スポーツ障害のうち剣道が原因のもの

スポーツ障害は、野球やテニスなどのスポーツの練習をやり過ぎると発症する場合があります。

スポーツ障害の中には剣道の練習のやり過ぎが原因で発症するものがあり、腰痛が代表的な症状になります。

剣道が原因のスポーツ外傷で最も多いのはアキレス腱断裂で、肘や膝、肩などの関節挫傷や捻挫も多いです。

これらの剣道が原因のスポーツ障害は軽傷だと問題はありませんが、脳や脊髄などを損傷してしまった場合には、救急車を呼んで速やかに治療をすることが必要です。

関連記事

  1. リウマチとはどんな病気か