リウマチとはどんな病気か

リウマチとはどんな病気か

リウマチとは自己免疫疾患の一つで、体の関節やその周囲の筋肉やなどに、腫れや痛みが起こる病気です。

症状がひどくなると手足が動かせなくなり、普段の生活に支障が出てくる場合があります。

男性よりも女性がかかりやすく、30~50代で発症することが多いです。

発症の原因はストレスや感染とも言われていますが、免疫の以上によって起こる病気なので、具体的なことはよくわかっていません。

しかし、病気の進行自体はゆっくりとしており、また、治療によって症状の緩和や進行の速度を遅くすることが可能です。

関連記事

  1. スポーツ障害のうち剣道が原因のもの